言語を選択してください。

Vui lòng chọn một ngôn ngữ.

Please select a language.

COLUMNコラム

【記念碑】戦没者記念像

2022.03.16

「戦没者記念像」の記念碑は、ホアンキエム地区のバキエウ寺院(ホーグオム湖)のヴァンスアンフラワーガーデンにあります。1954年以前のこの地位には、ベトナムの文字を作った人であるアレクサンドルデロードス神父の記念碑がありました。


1946年12月の終わりに、フランスの植民地主義者の攻撃的な態度と行動に直面して、全体の抵抗戦争が勃発しました。ホーチミン大統領のレジスタンスに応えて、ハノイ軍と人々は60日以上にわたって懸命に戦っていました。すべての道路、街角、すべての家を保護し、激しい抵抗に遭った フランス陸軍は大きな被害を受けました。建国記念日を記念して、ハノイ市は「祖国のために死ぬ」を名前に記念碑を建てました。

記念碑は不屈の精神、反フランス抵抗戦争の初期のベトナム人の意志を示しています。 ホーチミン氏が「国の抗戦の呼びかけ」を書いて70年以上が経過し、まだ実用的で歴史的な価値を持っています。国民全体の抗戦の精神を表したシンボルです。



記念碑が建てられてから南部解放の日まで約30年は長い年月です。 しかし、兵士の英雄的なイメージは時間とともに永遠に変わりません。

記念碑は多くの時間の変化を受けましたが、それでも過去の革命兵士の精神のように残っています。首都の人々の心の中にあるだけでなく、国内外の観光客に深い印象を与えます。

詳しくはこちらのページからマップや公式サイトにアクセス出来ますのでぜひご覧ください。