言語を選択してください。

Vui lòng chọn một ngôn ngữ.

Please select a language.

COLUMNコラム

【観光スポット】ハンダウウォータータワー

2022.05.09

「ハノイのコロッセオ」



ハンダウウォータータワーは、フランス植民地時代に遡る給水塔です。ハンダウ通りにあるため、ハンダウタワーと呼ばれています。1894年、流行が激化し、
ハノイの住民と12,000人の兵士の命が脅かされました。 したがって、給水施設が次々と作られました。ハンダウウォータータワーとイエンフー水工場はこの理由で作られ、兵士や旧市街の人々にきれいな水を提供するのは目的でした。



ハンダウウォータータワーは、フランスの建築様式を取り入れた建物です。塔は円形で、直径19m、先端25m、段ボール鉄の屋根の上に本体の周りに小さな出入り口があります。

この塔は、フランス植民地時代のハノイ都市圏に水を供給することで、1954年以降は公式に停止されました。
ハンダウの給水塔も忘れられたり、パブに変わったりすることがありますが、今日は幸い、見た目もよく戻ってきました。
バーディンとホアンキエムの2つの地区の境界、6つの通りの中心に位置しています。




現在、ハ給水塔は水を供給しなくなっていますが、歴史的の建築として有名な観光スポットになっています。
約100年間が経ちましたが、この建物はほぼそのまま残っています。