言語を選択してください。

Vui lòng chọn một ngôn ngữ.

Please select a language.

【hyuko_hanoi】地域レポーター

2022.10.21

船便レポ#良い子は段ボールの山にのぼってはいけませんハノイは今週ギフトショーだそうで、ハノイ駐妻にとっては1年で1番テン... [Instagram]

船便レポ
#良い子は段ボールの山にのぼってはいけません

ハノイは今週ギフトショーだそうで、ハノイ駐妻にとっては1年で1番テンションがあがるお買い物ウィーク!!

とくにギフトショーではカゴものが安いので財布の紐も緩みがちなんですが、、、
安くて可愛いからとどんどん籠類を買って、本帰国のときに持ち帰ることができるのか問題‼️
私もハノイ在住時に友達から引っ越し業者にカゴを断られたという噂もよく聞いたので、実際のところどうなのか気になってる方も多いハズ!
そんな皆さんのお買い物魂に水をさしてしまうかもしれませんが(汗)、簡単に私の本帰国引っ越しの体験談をまとめました。

—————————————-✈️⛴

まず、本帰国の際に2社相見積もりをとり、ヤマト🐈‍⬛さんに決めました。
決め手となったのは、ヤマトさんは不用品を全て引き取ってくれるということ!
日本は大きなゴミひとつ捨てるにもお金もかかるので、かなり断捨離しました。
が、壊れたプリンター(やたらでかい)、ジムマシーン(やたらでかい)売るには忍びないものや車がある友達すら運べなさそうなものなど、不用品が残っていて処分に困ってました。
もう一社は不用品の回収はしていないとのことだったので、最後に残ったものを引き取ってくれるヤマトさんに即決でした。

————————————

航空便は、旅行や一時帰国で自分で飛行機で運ぶ感覚とはだいぶ異なりました。

・AIR便に磁石は❌ダメなので、磁石開閉のランドセルはハンドキャリー

・食品、化粧品とも液体はAIR便❌ダメ。
液体状のものだけでなく、ジャムや蜂蜜ヌッテラ、クリーム状のものも不可。
船便に入れたらokだが、チョコ系など気温の変化で品質が変わっても保障できない(心配ならハンドキャリー)
本帰国前、自分へのお土産として化粧品や食材はあれこれ買い込みがち。
航空便には入れられない事を頭にいれてお買い物は計画的に!

・開封済みの食品は、AIR便❌ダメ。
本帰国間際、食べきれなさそうなものは開封しない方が良いかも。開封したものは人にあげるか捨てるか、ハンドキャリー。

・みなさんいちばん気になるであろう、カゴ類。
ハンスリーに代表される藁系は1番カビやすいらしく、船便、航空便どちらも❌ダメとのことでハンドキャリーしました。
#ノンラーも被って帰りました

たまたまおもちゃを入れててベトナム人スタッフが気づかず船便に入ってたのもありましたが(カビてはなかった)本来は❌です。
また、インテリア籠のシーグラスがダメと言われてハンドキャリーでえっちらおっちら持ち帰ったお友達の話も数人聞いたことがあるので、会社によって規定が異なる事もあるかもしれません。今回我が家は大丈夫でしたが、見積もりの時に確認してみてください。

——————————————-

air便で持ち帰って良かったもの、air便に入れず後悔したもの
カッター、はさみ、包丁、体温計
向こう2ヶ月のイベントで必要なもの。(学校ですぐ遠足があり、お弁当がなかった、、😇)

・お皿やキッチンツールはよく使うものはair便かハンドキャリー推奨。
後から大量に器が来ると思うと買うのが悔しいw

———————————————-

ハノイ生活6年、、
カゴに器に漆、バッファローホーン、刺繍、、とにかく雑貨が増えました。
だってね、可愛いくて安いもんね。
買わなきゃ損くらいに思うよね(笑)

船便がダメなものも、一時帰国の時に実家においてくるとかね(笑)

買わない後悔は後を引くので、
ハノイ在住中は後先考えず買い物を楽しんでください!笑











#買う後悔より買わない後悔 #あと引くからね #♪わたし割と〜物持ちがよくて〜 #ドリカム歌いながら荷解きしました #まぁこんなに要らんかったなと思うものもあります #なんせ日本のマンションは狭い #たぶん一軒家の人なら大丈夫 #本帰国 #海外引っ越し #海外引っ越し備忘録 #船便 #ハノイ生活

リンク元: Instagram
※本ニュースはRSSにより自動配信されています。
本文が上手く表示されなかったり途中で切れてしまう場合はリンク元を参照してください。

CALENDERカレンダー

  • 2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

CATEGORYカテゴリ

NEWニュース